唐木机が欲しい

読んだ本のこと、考えたこと。

美人について3

さて、ロックの第一性質と第二性質とは何か。

やはり気取って引用なんかしてみる。

第一性質は、物体と切り離すことのできない特徴である。例えば、大きさ、形、硬度、移動度、質感など。

第二性質は、色や音、匂いや味などが該当する。これらの特徴は、物体そのものに内在するのではなくて、物体が持っている第一性質が人間に抱かせしめたものに他ならぬから、第二性質とされる。

 Jones, Jan-Erik, "Locke on Real Essence", The Stanford Encyclopedia of Philosophy (Summer 2016 Edition), Edward N. Zalta (ed.), URL = <https://plato.stanford.edu/archives/sum2016/entries/real-essence/>.

 

ものがあって、そのもの自体に在る特徴を第一性質、そしてそのものを人が見たり聞いたりすることによって、知覚者のなかに生じる特徴が第二性質であるという。

第一性質を、視覚や聴覚や嗅覚によって捉えた結果、生じた特徴が第二性質ということだ。

 

さて、このコムズカシイ理論を、人間に当てはめてみる。

その人間が持っている特徴は第一性質、その特徴によって抱かせしめられた特徴が第二性質となる。

 

顔の形などが第一性質、そしてその形を見て綺麗だとかそうでもない、というように捉えた性質は第二性質ということになる。

 

さて、美人の条件を少し、この二つの特徴に分類してみる。

こちらのサイトに上げられている、美人の女性*1の特徴なるものを、引用してみる。

  • 顔のパーツのバランスがいい
  • 肌がキレイ
  • 横顔がキレイ
  • 自然な笑顔
  • スタイルがいい
  • 姿勢がいい
  • 仕草や言葉遣いが上品
  • 内面もキレイ
  • スマートな振舞いができる

woman.mynavi.jp

さて、これを、第一性質と第二性質に分けてみる。

 

第一性質

顔のパーツ

横顔

笑顔

スタイル

姿勢

 その人間の身体が持っている特徴。

そこでこれらを、身体的な第一性質に分類したい。

姿勢は、少し精神的な面も含まれていそうだが、身体の運動としてここでは第二性質に上げておく。

 

さて、

仕草
言葉遣い
内面
振舞い

残る三つに関して、僕はこれを、特に精神的な第一性質に分類したい。

なぜなら、これらの特徴を生み出すものは、不可視的な精神であるから。

 

要約すると、人の美しさなるものは、その当人が持っている特徴(第一性質)を捉えて、それを主観的に判断することで生み出す(第二性質)。

そして、第一性質は、身体的なものと精神的なものとに分類でき、それぞれを身体的第一性質、精神的第二性質とする。

 

そして、これは僕の持論だが、身体的な第一性質よりも精神的な第一性質の方が優位である、あらねばならぬ。

人は外見ではなくて内面が大事だよねぇ、などと綺麗事を以って自分の人格性を修飾してたいわけではなくて、

実利の面から見ても、(もちろん、僕の趣向的な面から見ても)そう思う。

 

つづく

 

注:これは僕の超主観的かつあてつけ的な考えです。これが正しいとか、認めるべきだとか、言うつもりは毛頭ありません。

*1:当然、魅力ある男性とはどういうものかでもいいのだが、何か小指と薬指の間がむずかゆく感じる心地悪さがあるから、女性にする。そちらの方がいたって健全だろう。