唐木机が欲しい

読んだ本のこと、考えたこと。

WordPressサイトをつくてみた ブログで稼ぐことについて思うこと

広告がなくカテゴリ分けされて見やすい「唐木机が欲しい」
唐木机が欲しい – 読んだ本のこと、考えたこと。名古屋の学生。

 

はてなブログはカテゴリーごとに記事をまとめて表示することができない。

いや正確に言えば可能なのだけれど、お金を払わなくちゃできない仕組みになっている。

僕は、お金をかけるのは嫌である。今月始まったばかりなのにもうあと5000円しか残っていない。一体、どうやって暮らしていけばいいのか、気を揉んでいるくらいである。

 

金を払いたくないけれどカテゴリー分けがしたい。

また、ブログのデザインをいじって美しいウェブサイトにしたい。

フォントをカスタマイズしたい。

そういうわがままな人にとって格好のウェブサービスがある。

WordPressである。

 

ウェブサイトを作るとなれば、HTMLだのCSSだのを弄るか、さもなくばPHPをこねくり回したりRailsをくるくる回したりせねばならぬ、と即断しがちだが、うWordPressを使えば、スキルも訓練もなしに簡単手軽にしかも無料でウェブサイトをつくることができる。

 

僕はアフィリエイトをしたり、検索流入を狙ってSEO対策をしたりする必要がない、単なる娯楽的個人ブログをつくりたいだけだから、独自ドメインをかましたりタイトルに妙ちきりんな客寄せワードを入れたりすることなく、自由気ままにウェブサイトをつくる。

無料のサーバーと、初期ドメインで十分なのである。

 

僕が使うことにした無料サーバーはxdomainというサービスで、2GBまで無料で広告はスマホタブレットにのみ表示され、パソコンで閲覧すれば表示されない。

小さな画面で手にとって美しいサイト(?)を楽しむことはできないけれど、パソコンで閲覧すれば広告もなくノンストレスにブラウジングを楽しむことができる。

 

 

ブログでお金を稼ぐ?

正直に言えば、僕はサイトに貼り付けてある広告が不愉快で仕様がない。

もちろん、ウェブサイトを運営するのにはサーバの費用も人件費もかかるから、ウェブ広告で収益を得ることがいけないことだとは思わない。

けれどもそうした収益性を志向したウェブ記事と、全く収益性を考えず一人の人間が読みたい見たいと思い書いたウェブ記事との間には、決定的に違いがあると思う。

収益重視とまでは言わないけれど、検索エンジン最適化を行い検索流入者数を考えて作られたウェブ記事は、どこか商業的な匂いがする。

アフィリエイトなど貼り付けられた日にには、もうそれは匂いではなくて、ありありと書き手の意向を反映したヘンテコな表情が目に浮かんでくる。

 

インターネットは商業的に利用されることは必然であるとは思うけれども、非商業的なウェブ記事に陽の光が全く当たらずジメジメとしたグーグルの影に埋もれてしまうのはあまりに惨めである。

 

 

つまるところ、大勢の人に見てもらおうと思うからおかしなことになるのである。

僕がこのサイトをつくった目的は、自分の思索を確認するため、またちょっとした自分の意見集積場をつくりたいというものである。

さらに言えば、何年後かに自分の日記として読むと面白かろうという発想である。

 

お金が欲しいのならばブログは個人の意見発信の場ではなくてもはやお客を運ぶインフラとならねばならぬ。

ある興味を持って検索をかけた人々を、然るべきサービスやら場所やらに運んであげて、お金を落としてもらう。

人を誘導する媒体としてのウェブ記事を量産し続けなければならず、その行為は誘導する人間の趣向にこちらが合わせることを意味する。

そうして、記事にする人間の趣向が金を生むものでなくては収益化は難しい。

記事を読んだ人に時間か金を使わせるという目的が、そこに生じてしまう。

となれば、語調も当然に猫なで声、媚びる口調、あるいは煽る口調にならねばならぬ。

例えば。

さて、今回は決定版スマホケースベスト10をご紹介します!

僕がこれまで使ってきた二十種類以上のスマホケースと、実際に家電量販店に行きサンプルを触ってきた60を超えるスマホケースの中から、これはいい!と思えるものをご紹介します!

 

機能性、デザイン性、耐久性について、厳選に厳選を重ねた選び抜かれたスマホケースです。

 

ぜひ最後まで読んでいってください。

 

では、第10位から!

 以下、写真とイラストをお頻繁に使用し、最後にはしっかりとamazonのURLを貼り付ける。

一体このような文章にどんな人格が宿るというのか。

くるりと逆回転させれば、書き手の言葉で誘導されるような人間は、書き手よりも阿呆であるか無知であるか馬鹿であるかのいずれかであるはずである。

何故ならば、自分よりも賢い人間を手なづけることができようか。

羊は人より賢いか?

 

というのは、もちろん、極端な意見だとけれど、インターネット特にウェブ記事でお金を稼ぐというのにはどこかこういう一面があることは確かなように思われる。

 

教訓。インターネットでオススメ!と書かれてリンクが貼り付けられてあるような記事には注意すべし。書き手の言葉の使い方、Webデザイン、ドメイン、過去記事、書き手のプロフィールから、相手がどのような意図でまたどのような目的で、オススメ!と書いているか、またその記事を書くために何故時間を割いたのか、考える。

僕の主観的な意見では、対価をもらわず匿名で汚いWebデザインのサイトあるいはこうしたはてなブログFC2ブログに、長文で書いた記事は極めて信頼性が高い。

つまるところ、メディアリテラシーの話です。